最新記事一覧

事前見積もりは必須

配管

複数業者に見積もり貰おう

水が漏れている場所によって、水漏れ修理の費用が変わることは当然といわれており、相場の金額にも幅があります。老朽化に伴う水漏れで敷地内の配管すべてを交換しなければならない場合は、修理よりも交換として取り扱われるでしょう。基本的に水漏れ修理として取り扱われるのは、部品を交換するか、機器を交換することになるかといわれています。一部の配管を交換するのでなく、パッキンによって漏れてしまっていた場合には、費用が大幅に抑えられ、部品だけなら数百円です。ただし出張費・点検費・交換費用が掛かる為、平均的には1万前後で修理をすることが多いといえるでしょう。台所ではなく、トイレや浴室の部品交換の場合には、1から3万円前後で修理を完了させる業者が多いといえます。パッキンなどの場合には更に費用が抑えられる為、業者の出張費や点検費を見積もってもらってから依頼しましょう。出張費や点検費、さらに工事費をトータルすると多くても3万前後が平均ですが、業者によっては高額となる場合もあります。事前に見積書をもらい、比較してから依頼する事で水漏れ修理による不当な費用を支払う必要がなくなるでしょう。急な修理ではない場合には、前もってインターネットで水漏れ修理費用を比較してから依頼することも大切といわれています。地域にある業者の中でも優良な業者が集まっている比較サイトでなら、正確で納得できる見積もりを提示してもらえるでしょう。