最新記事一覧

自宅の蛇口の水漏れ

水回り

修理ではなく交換

蛇口から水漏れが発生した場合、修理依頼を考える人は多いことでしょう。部品を交換すれば、水漏れも改善しそうですよね。しかし、修理よりも蛇口交換を行った方が良い場合もあるのです。最近の一般家庭では、捻るタイプではなく、押し下げるレバータイプの蛇口が多くなっています。このタイプの蛇口は、使用頻度にもよりますが、10年くらいが寿命なのです。もちろん水漏れ修理のために、メーカーから部品も販売されています。しかし、10年をめどに部品の製造を終了している場合も多いです。そのため、修理したくても部品がすでに存在しないということがあるのです。さらに、メーカーによっては会社が合併した関係で修理部品の製造を終了する、ということもあります。まだ寿命が来ていなくとも、蛇口交換をせざるを得ないこともあるのです。まだ使えるにも関わらず、蛇口交換をするのはもったいないと思ってしまうかもしれません。しかし、蛇口交換をすることで費用を抑えられる場合もあります。例えば修理の場合は、部品代に5千円から1万円、さらに修理費用に安くて1万5千円払うことになります。合わせて安くても2万円ほどかかり、それでいて蛇口自体は古いままです。しかし蛇口交換をした場合は、新品の蛇口が安くて1万円、交換の工事が1万円ほどで安くて2万円ほど、しかも新品になるのです。もし自分で蛇口を交換できるなら、工事費は不要です。蛇口の値段や工事業者によっても合計費用は異なります。それでも、修理より蛇口交換の方がお得なのです。